冬の一大イベント

クリスマスは、お正月と並ぶ冬の行事である。教会では子供たちが集まって賛美歌を歌ったり、プレゼント交換を行ったりする光景をよく目にするだろう。一般家庭でも、父親がサンタさんに扮してプレゼントを配ったり、ケーキやチキンを食べたりするのが恒例となっているのだ。この時期は、一般的にクリスマス商戦と呼ばれており、企業にとっても稼ぎ時だといわれている。
クリスマスは、昔から歌もたくさん作られているように、恋人同士で過ごす日でもあるようだ。しかし、最近では1人で過ごす人も増えてきている。いわゆる「くりぼっち」と呼ばれるものだ。1人でケーキやチキンを買って食べたりして、お祝いをする人も多い。驚くべきことに、この日を1人で過ごす人は年々増えてきている。
そして、クリスマスとクリスマスイヴはどう違うのかなどとささやかれることが多々あるが、これはキリストの誕生に関係しているのだ。キリストが誕生した前の日が、クリスマスイブである。どちらの日にパーティーを行うかは、完全に自由だろう。しかし、多くの場合はクリスマスの日にイベントが行われるようだ。
クリスマス前後は、スーパーやデパートなどでケーキやチキンが安売りされることが多い。そのため、クリスマス前後の閉店間際のスーパーやデパートでは、安売りされているケーキやチキンを買い求めている人を目にすることがある。それに対して、毎年ケーキ屋で早めにケーキの予約をしている人も数多くいるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です